関西人で良かったと思う瞬間

関西人で良かったと思う瞬間といえば、人それぞれだと思うのですが、私が関西人で良かったと思った時は、まず関東に住んでいる人の前で何らかの芸をしないといけない時でした。

関西人で良かったと思う瞬間

関西人で良かったと思う瞬間といえば

関西人で良かったと思う瞬間といえば、人それぞれだと思うのですが、私が関西人で良かったと思った時は、まず関東に住んでいる人の前で何らかの芸をしないといけない時でした。

以前仕事の都合で、関西と関東の人間が顔合わせをする機会があり、その夜に懇親会が開かれる事になりました。
懇親会があるという事は、こちら関西側の人間も知らされていたのですが、向こうの偉い人の要望で、何か出し物をしないといけなくなってしまいました。

急遽何をするかで話し合いをしたのですが、その時に「即席漫才をしよう」という案が出て、私と新人の社員の二人で漫才をする事になりました。
私もキャリアは浅い方でしたが、新入社員とお局という役割で、おおよそのネタを決めました。

日頃から関西弁を使っているので、話し方も何となく漫才のような雰囲気に出来たのが良かったのと、関西に住んでいるとテレビ番組などで子供の頃からお笑いを見ているせいか、素人ながらボケとツッコミの役がうまく分かれ、話に落ちをつける事が出来るようです。
おかげで、懇親会も無事和やかな雰囲気で、関東の人にも喜んでもらえたようでした。
関西人だったからこそ出来た芸だと思います。
Copyright (C)2017関西人で良かったと思う瞬間.All rights reserved.