関西人で良かったと思う瞬間

最近、テレビに出てくるタレントさんで、イケメンなのに関西弁を話すというところが、妙にグッと来るという人が少なくありません。

関西人で良かったと思う瞬間

最近、テレビに出てくるタレントさんで

最近、テレビに出てくるタレントさんで、イケメンなのに関西弁を話すというところが、妙にグッと来るという人が少なくありません。そのため、関東の人でも関西弁に憧れる人が増えてきて、関西人が聞くと、どうにもおかしい関西弁で話しているのを耳にすることも多くなりました。

テレビでは標準語で話すことが当たり前になっている中で、イケメンがあえて関西弁で話すのがいいと言われることが、関西人としては嬉しくなります。自分自身もギャップにグッとくるのが楽しい、関西弁が認められてうれしい、なんだか得意な気持ちになることさえあります。
これが東北弁や九州弁だと理解が難しく、ハードルが高くなりますが、わりとニュアンスがわかりやすく、それでいて面白さが伝わってくる関西弁は、北と南の方言のちょうど間を取った、バランスの良さがあると思います。方言でありながらわかりやすく、標準語よりも柔らかい感じがする関西弁。それをまったく何の苦労もなく話せるというところに、関西人でよかったなと思ってしまうのでした。
Copyright (C)2017関西人で良かったと思う瞬間.All rights reserved.