関西人で良かったと思う瞬間

職場の関西人の友人と一緒に買い物に行った時のことです。

関西人で良かったと思う瞬間

職場の関西人の友人と一緒に買い物に行った時のことです

職場の関西人の友人と一緒に買い物に行った時のことです。
かなりの確率で関西人の血が騒ぐのか、値切ります。それは場所を選びません。よくデパートでも値切るというのをきいたことがありますが、それは本当です。
本当に値切りました。
しかもにこやかに、さも当然のごとく、相手に嫌な顔をさせないおおらかな値切りというのを、その友人と一緒にいると何度も目にしています。
これはお金がないから値切るのと違って、コミュニケーションだと言います。とても仲良くなって、それでサービスしてもらっているのと同じ事だそうです。
それで、少しお得になるのだから、とても気持ちが良いと言うことです。
とても楽しくお買い物ができた時は、関西人で良かったと思うそうです。

先日も東京のど真ん中にある有名なデパートで、少しお安くバッグを買うことができました。
もちろん自分も関西弁は使いませんが、心は一緒です。
一緒になっていろいろおしゃべりして、値切ることに成功した時、すごく楽しく良かったと思えました。
一つ一つの買い物が、思い出に残るように思えました。
こんなすてきな買い物の仕方を教えてもらって、感謝しています。
Copyright (C)2017関西人で良かったと思う瞬間.All rights reserved.