関西人で良かったと思う瞬間

関西人で良かったと思うことは、辛いことや苦しいこと、悔しいことがあった時、それをネタにして笑いに変える力があることです。

関西人で良かったと思う瞬間

関西人で良かったと思うことは

関西人で良かったと思うことは、辛いことや苦しいこと、悔しいことがあった時、それをネタにして笑いに変える力があることです。
言葉自体も漫才のような抑揚の言葉ですから、トラブルが起こりそうな時も、やんわり、関西弁でかわすと、おおごとにならないで済むことがあります。
その他では、お店で買い物をしている時、ちょっと値切りたい時、関西弁であれば違和感なく値切り、相手も関西商人であればそれに呼応してくれるので、案外値切りは成功します。関東の方のアナウンサーのようなアクセントで値切っていたら、ただのケチに感じられても、関西アクセントだったら、丁々発止を楽しんでいるような感じになります。
言葉の力は大きいです。
やんわりまったりした抑揚で、冗談を交えて話せば、商談もうまくいくものです。

しかし、中には関西アクセントが嫌いという方もいるので、アクセントに注意して、真面目そうに話します。ポロリと出る関西弁に相手がクスッと笑ってくれたら、コミュニケーション成功です。
Copyright (C)2017関西人で良かったと思う瞬間.All rights reserved.