関西人で良かったと思う瞬間

関西人は弁が立つ人が非常に多いです。

関西人で良かったと思う瞬間

関西人は弁が立つ人が非常に多いです

関西人は弁が立つ人が非常に多いです。
普段の会話の中にもフリとオチが付いていて、会話にメリハリが出ます。
私の職場にも関西出身者が2人いますが、小さい頃から家族や近所の人、学校でもつまらないオチのない話をすると、「お前面白ろないねん。」とか、「オチはどしたん。」と言われてしまいます。そんな環境に揉まれて、いつしか人を惹きつけさせるような話し方が身に付いたのだそうです。
確かに社内の飲み会などでも、その2人の加わる会話は盛り上がります。営業成績が高いのも、関西人に生まれてトークの力がついていたおかげだと言っています。
確かに初対面の人でも軽く笑いを取ってリラックスさせ、商品のメリットばかりではなく、デメリットな部分も説明し信頼させ、解らない質問をされても解らない事を悟られないように上手くかわし、後で調べて説明するなど、すごく会話の組み立て方など参考になります。
漫才の大会などのチャンピオンで関西人が多いのも納得できます。地方から東京に出てくる人の中で、標準語を話そうと試みないのは関西人だけだそうです。
しゃべりにおいて日本一という自負があるからなのかもしれません。
Copyright (C)2017関西人で良かったと思う瞬間.All rights reserved.